2016年度の入域観光客数が前年度比12.8%増

カテゴリ スタッフブログ 記事更新日: by .

%e5%85%a5%e5%9f%9f%e8%a6%b3%e5%85%89%e5%ae%a2%e6%95%b0

県の発表によると、2016年度上半期(4~9月)の入域観光客数が、前年同期比12.8%の増加となったそうです。人数では416万8700人で、過去最高。特に外国人観光客の伸びが大きく、前年同期比40.5%増と、かなり大幅です。

インバウンド需要を見込んだ民泊などの事業を考えている方にとっては、まさに追い風と言える状況でしょう。これほどの伸びが続くとすれば宿泊施設の不足は続くはずですし、数が増えれば多様化もして、特殊な立地の物件でも脚光を浴びる可能性がありそうです。
しかし、弊社で注目しているのは国内外の観光客の「実数」。人数そのものです。

地味ですが国内観光客も増加しており、昨年同期比5.3%増。かなり立派な数字です。しかも人数で比較すると、国内観光客が圧倒的に多いのです。この期間の外国人観光客が123万7300人だったのに対して、国内観光客は338万1400人。

インバウンド需要に陰りが見えた時の民泊事業はどうすべきか? その問題点を考えている方には、ぜひ弊社物件をおすすめします。「海が見える不動産」を多く揃えていますし、比較的価格が安く高品質の居住用コンテナハウスBOX OF IRON HOUSEを取り扱っています。予算1000万円くらいから許可を取得した民泊事業を行えますし、不動産業者ならではの広告方法として「マンスリー別荘」や「ウイークリー別荘」のような、国内向けの打ち出し方も可能です。

今後の不動産活用を、一緒に考えていきましょう!

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る