SMS原則不使用の方針

カテゴリ ITマニュアル 記事更新日: by .

過去に問題が起きたこともあり、業務上の連絡は原則としてSMSを使用しない方針でお願いします。たとえばiPhoneなど複数のiOS端末を利用している場合、アップルIDでひもづけられた、携帯電話以外のデバイスに着信する場合があります。
たとえば、iPad miniに着信した左のショートメール(SMS)。

iMessageにより、携帯電話以外のデバイスに着信しています。

一方、iPhoneでiMessageを使用しない設定にしていると、「携帯電話あてにショートメールを送ったつもりなのに、携帯電話には届いていない」という事態が生じます。

このように、iPhoneには上のiPadに届いているSMSのメッセージは届いていません。

iMessageを利用している場合にはiPhoneにも届きますが、それでもLINEやFacebook messengerに比べて送信できる内容が少なすぎるSMSを利用する価値はほとんどありませんので、できるだけもう少し確実な連絡手段をとったほうが合理的でしょう。

そこで、業務上の連絡にはSMSを利用せず、できるだけ社用メールアカウントの電子メールを利用しましょう。

過去にLINEによる連絡で不都合が生じたことはありませんが、こういった連絡手段をとる場合は自己責任と考え、不達の場合には別の連絡手段をとるようにしましょう。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る