非公開物件は存在する?

カテゴリ スタッフブログ 記事更新日: by .

ひみつたまにですが、こんなお問合せをいただきます。

「海が見える物件を紹介してください。非公開物件も含めて……」

さて、非公開物件。なにか不動産屋が秘密にしているオイシイ物件がありそうな感じですが、実際に存在するのでしょうか?
実は私たちが物件を非公開にするとしたら、次のふたつの理由以外(ほとんど)考えられません。

1.まだ調査が終わっていない

売主さんから「仲介まかせたよ」と依頼を受けているものの、まだ詳細な調査が終わっていない物件があれば、これは通常非公開の状態です。でもわずか数日のタイムラグで公開されますから、このパターンはほとんど存在しないといえるでしょう。

ちなみに調査内容はわりあい幅広く、土地がどんな道路に接しているか、都市計画法上の用途地域は何か、上下水道の配管はどこに通っているか……などなどを調べます。

まだ調査未了であっても、お問合せをいただけば「今こういう物件を調査中ですので、調査完了次第資料をお送りしましょうか?」とご提案はできます。

2.他社物件

通常、他社が媒介(仲介)契約を受けている不動産であっても、お客様に紹介可能です。たとえば、A社が専任媒介で売出したとして、B社もお客様(買い手)を紹介できますし、C社も、D社もできます。すなわち、市場に流通している不動産はどの業者も売れるわけです。

しかし、広告できるのは通常A社のみです。

そこで、B社やC社、D社にとっては広告できない「非公開物件」となるわけです。

ただし、これは本当の意味での非公開物件ではありません。単なる「他社物件」です。

全国大手の某社さんが「会員様のみに非公開物件を公開」とうたっているのは、大半コレだったりします。私個人としてはこれを「非公開物件」と呼ぶのは良心がとがめますので、そういう名前でご紹介したことはありません。

「他社さんの物件ですが、いいのがありますよ。見てみませんか?」

と、ご案内することはあります。

さて、非公開物件は存在するのか?

非公開

冒頭の疑問に戻りましょう。非公開物件は存在するのでしょうか?

通常、私たちが仲介契約をいただいた場合、売主さんのために一生懸命広告します。というか、非公開にしたら、宅地建物取引業法に違反してしまいます(専任媒介の場合、不動産流通機構への登録義務が発生しますから)。

そう考えると、非公開物件というのは極めてレアな状態といえます。
まともな媒介契約が結ばれず、口約束だけで「売ってよ」と言われているとか(危ないですね)、他社物件だとか、あるいは特に何か問題があって公開できないとか……。
なので、とりあえず非公開物件というものは存在しないと考えておいたほうがよいと思います。

そんなわけで、不動産屋が非公開物件を隠し持ってるのではないか? と過度な期待を抱かずに物件探しをしたほうがきっと効率的です。
できるだけ多くのネットポータルや不動産屋ホームページで、定期的に物件情報を閲覧することをおすすめします。
実は私たちも地道にネットの情報をチェックしています。
そして、これが包括的に最新の情報を得る方法だと考えています。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る