Category Archives: 最新情報・成約情報

朝日新聞によると、不動産取引価格が全国で路線価の2.6倍となっているようです。目安は1.5倍程度とされているので、これはかなり高い水準。朝日新聞デジタルの記事を引用してみましょう。

投資家からお金を集めて不動産を買い、賃料収益などを分配する上場不動産投資信託(J―REIT〈リート〉)で、最近取得された物件の価格水準が、相続税などの基準となる路線価の平均2・6倍となっていることがわかった。目安とされる1・5倍程度より高く、一部では10倍超の物件もあった。日本銀行の金融緩和であふれたお金が不動産市場に流入し、東京の2017年分の最高路線価はバブル期を超えている。取引価格も高めになっており、「新バブル」の懸念も出ている。

また、J-REITが平成16年、17年に取得した物件の中には、「東京都心や大阪市、福岡市、成田空港周辺のビルやホテルで5~15倍の物件もあった」と報道されています。全国平均で不動産取引価格(実際の価格)が路線価の2.6倍に高騰しているということですが、沖縄ではどういった状況なのでしょうか?

実は沖縄でも、内地の大都市なみに不動産取引価格が高騰しています。弊社が力を入れて取り扱っているオーシャンビュー物件などは好例です。路線価が決められていない地域も多いので単純に比較できませんが、それでも相続税評価額の20倍とか30倍とかそれ以上で売買されていることから、場合によっては大都市圏以上に土地価格が上がっているともいえそうです。

沖縄の土地・建物、現在の状況を考えると「売り時!」と判断できるでしょう。もし「売ってみたい」「高値になるようなら売却を検討しよう」という不動産をお持ちでしたら、沖縄の不動産無料査定サイト(satei.okinawa)にアクセスしてみてください。

名護市屋我のビーチ前物件を売出し開始しました。全4区画ですが発売前からすでに予約が入っており、153坪3825万円(坪単価25万円)2区画を分譲します。

敷地をでたら4歩でビーチ。しかも商業ビーチではなく静かでプライベート感あふれる環境です。

昨年お申込みをいただき、手付けを打ってからバリバリと様々な手続きをこなしていた名護市屋我の土地がようやく決済・引き渡しの運びとなりました。写真のようなビーチが目の前にある、静かな別荘地・住宅地です。約580坪と広々した敷地の物件でした。またこのような物件が売出しになりましたら、必ず弊社HPで情報を掲載いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2DKのこじんまりしたマンションですが、海が見えて(玄関方面に見えます)、空港も近くて、大幅リフォーム済み。すぐに住める状態で、990万円で売り出しました。

沖縄によく来る方なら、セカンドハウスとして買っておいても便利です。

また、沖縄在住の若い子育て世代なら、賃貸で住むよりお得です。20年ローンでも、返済は月々約45000円。今の家賃より安くすむかも知れません。しかも、賃貸であれば家賃を払いっぱなしですが、買ってしまえば資産になります。「いつか戸建の住宅を!」という時に、頭金になってくれますよ!

名護市天仁屋にある謎の物件を登録しました。うーん、なぜここに民有地が固まって存在するのか? 分譲した会社はすでになくなっているので、今となっては確認できません。

まず、建築基準法上の道路に接していませんので、建築はできません。トレーラーハウスを置くとか、そういう使い道に限定されます(草刈りをすれば、物件までのアプローチは可能です)。

電気と水道は1kmくらい離れたところから引かないといけません。現実的には電気も水道も使わない、大自然の中での生活が待っています。でも150万円とお安いです。何か使い道があるかたに、ぜひご検討いただきたいと思っています。

年間売上2550万円。現役稼働中のコンドミニアム(ホテル)を登録しました。今帰仁村の中心地にあり、特に沖縄本島北部でのロングステイ需要にはばっちりの立地条件。今帰仁村唯一のスーパーが徒歩1分ですし、無料・有料含めてさまざまなビーチへのアプローチも良好。美ら海水族館へも車で15~20分程度です。

名護市済井出のビーチ前の土地(約400坪/8000万円)は、半分の面積での売出しもOKとなりました。もし「ちょっと広すぎだなぁ」ということでご検討から外れていた場合は、再度ご検討いただけますと幸甚です。

資料はこちらからダウンロードできます。