Category Archives: 最新情報・成約情報

現役稼働中のホテル、コンドミニアム・シーサー今帰仁を販売開始しました。今帰仁村の中心部にあり、村内唯一のスーパーマーケットまで徒歩1分。国道505号からのアクセスが良好で、古宇利島や美ら海水族館(海洋博公園)へのアクセスもたいへん便利です。

コンドミニアム・シーサー今帰仁

住宅地2件販売開始しています

名護市為又の宅地と、名護市大東の宅地を販売開始しています。
名護市為又の土地は坪単価56400円と、このエリア内ではお得感あり! 460坪ありますが、半分程度に分筆もOKです。3000万円~4000万円で新築をお考えの方におすすめです。

名護市為又の宅地

名護市大東の土地も価格817万円とお手頃。3000万円以内で新築をお考えの方におすすめです。

名護市大東の宅地

 

現在調査中で非公開となっている物件についてお知らせします。
近々売り出す可能性があります。また、現在お問い合わせいただければ、簡単な資料をお送りできます。

宜野座村松田のビーチ前の土地
約1億円/坪単価26万円

名護市(屋我地島)のオーシャンフロント土地
約3億円、約4000坪(坪単価75000円)※おすすめです

今帰仁村希望が丘内に位置する売土地の価格調整を行いました。150万円から140万円に値下げしています。傾斜地ですが非常にきれいなオーシャンビューで、将来にわたって眺望をさえぎられる心配はほぼありません。

高台から海を眺める、気持ちのいいロケーションです。

 

本日付の朝日新聞デジタルによると、ついに届出民泊の届出が始まったそうです。

 一般の住宅に有料で人を泊める「民泊」が6月に解禁されるのを前に、自治体への物件の届け出が15日、始まった。仲介サイトや管理業者も登録制となり、違法なヤミ民泊を掲載しないなどの対策が求められる。

とのことです。沖縄県でも下記のページで住宅宿泊事業について説明しています。それによると「平成30年6月15日からは、旅館業法に基づく許可の取得又は住宅宿泊事業法に基づく届出を行うことで、民泊を行うことができるようになります。」とのことです。

住宅宿泊事業について(沖縄県)

沖縄県でも住宅宿泊事業については独自の制限を設けていますので、ちょっと注意が必要です。とくに用途地域が第一種・第二種低層だったり、第一種・第二種中高層の場合に曜日による制限などが設けられています(市町村によるので詳しくは県に問い合わせを)。
また、学校周辺でも制限があったりします。ですので、年間180日まで営業できるものの、トップシーズンの休日に、効率よく営業しよう! というようなプランに制限がでる可能性も……。

そうはいっても、届出で180日間の営業ができるというのは、漫然と空き家を放置しているよりずっと有利ではないかと思います。

法律が施行される本年6月15日まで、注目していきたい話題です。

南城市大里稲嶺で、かねてから建築していました分譲住宅2棟が完成に近づいてきました。外装サイディング施工がほぼ完了しています。また、内装は壁ができてきて、クロスの下地となる石膏ボードもほぼ貼り終わっています。

お風呂(システムバス)もインストール済みです。システムキッチンなどはクロス施工が終わって、最後の最後に設置されるので、ちょっと感じがつかめるまでには時間がかかりますが、それもあと2週間くらいと予想しています。

今回、設備はほとんどTOTO製ですから、建売分譲住宅としてはよいものを使っていると思います。また、場所もけっこう便利です。南城市の中では人気エリアのひとつではないでしょうか? イオンタウン南城も近く、比較的高速道路へのアプローチも良好です。

ご見学随時受け付けていますので、よろしくお願いいたします。
弊社で日程があわずにご案内できない場合は、がじゅまる不動産さんなど協力会社へぜひお問い合わせください。

売主様都合等で、非公開で売却中の大型物件が2件ありますので、よろしければお問い合わせください。いずれも業者様紹介可能です(手数料分かれ)。

1)今帰仁村内 6800坪/9億5500万円
オーシャンフロントで高台オーシャンビュー。小さなプライベートビーチ付き(上記動画が高台からの眺め)。

小さなプライベートビーチあり

2)名護市郊外 7600坪/11億4000万円
防風林を隔ててビーチに出ることができ、オーシャンビューも楽しめます。自然公園法第二種特別地域。

同業者の方はお気軽に資料をご請求ください。

南城市大里稲嶺で建築中の分譲住宅2棟が、進行中です。上棟完了し、かなり住宅の形になってきました。現時点でご見学を希望される方は、ご予約いただけましたらご案内しています。

価格は2768万円(税込)と2964万円(税込)。このエリアではお求めやすい価格だと思います。

小高い丘に建っているため、ベランダからの眺めも楽しめます。残念ながらオーシャンビューではありませんが(大里稲嶺にオーシャンビューはあまりなさそうです)、緑の多い景観が楽しめます。

また、大里のイオンタウンやサンエー八重瀬シティなど、大型の商店が近くに点在しています。買い物にはほぼ困ることはないと思います。大里南小学校まで1.7kmと、ぎりぎり徒歩圏に位置しています(ちょっと遠めですが)。

決して豪邸ではありませんが、家族で不自由なく暮らせる3LDK。主寝室にはウォークインクローゼットを設け、子ども部屋にもそれぞれのクローゼットを配置しています。

旧年中はたくさんのお問い合わせをいただき、ありがとうございました。本年もよろしくお願いします。

今年の営業は1月4日より開始いたします。
昨年同様日曜祝日定休ですが、ご都合により対応いたします。休日の物件ご案内等ご希望のお客様は、できましたら前日までにご予約をいただけますと幸いです。

今年もオーシャンビュー物件に力を入れてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

また、最近の弊社取扱物件の動きは以下の通りです。

ウッパマビーチ前の土地……お申込みいただきました。1月中旬契約予定です。

湧川オーシャンフロント……他社にて申込みがあったようです。こちらも1月に成約する可能性あり(※リンクは1件のみですが、並びのもうひとつの物件も申込みが入っています)。

名護市済井出海が目の前の土地……検討中の方がいらっしゃいますので、2分の1ないし4分の1が売約ずみになってしまう可能性があります。

 

弊社取扱物件について、今年は比較的特徴的な動きがありました。
本サイトをご覧いただければわかるとおり、弊社では沖縄本島のオーシャンビュー物件を中心に取り扱っています。そのため、那覇市内などの実需向け土地・建物とは動きが異なるかもしれませんが、例年と違う傾向がみられましたので、ご報告いたします。

例年であれば弊社ホームページへのアクセスは夏ごろ(通常8月ごろ)にピークを迎え、それに伴って繁忙期は秋(9月から10月ごろ)となります。夏に問い合わせをいただいた物件が、秋に売れるという流れです。

ところが、今年はサイトアクセスのピークが10月となり、11月から12月にかけて契約・決済が多く、また年明け1月に契約・決済を予定している物件もかなりあります。

例年より2か月ほど、繁忙期が後ろにずれているように見えますが、実際にはそうではないと考えています。

2017年の夏も通常通りの問い合わせがあり、物件案内を積極的に行っていたのです。
そのため、10月以降の反響増は、通常のピークに加えて特殊な需要が起きているからではないかと考えています。

オーシャンビュー物件に多くの反響

この時期に問い合わせがあったり、成約したのは、ほとんどが海のすぐちかくの物件です。これまでもビーチフロント物件・オーシャンフロント物件に多くの反響が集まる傾向がありましたが、その傾向が顕著になり、販売価格も高騰しています。

つまり、ビーチフロント物件・オーシャンフロント物件の動きが加速しているのです。

例年であれば年明けから2月ごろまで、沖縄の不動産売買の閑散期が続くのですが、現在のサイトアクセス推移や問い合わせの多さを考えると、今年はその時期でも忙しくなりそうです。

2018年にビーチフロント物件・オーシャンフロント物件の購入をお考えの方は、かなり競争が激しい点にご注意ください。おそらく、相変わらず物件不足が続くと思われます。とくにビーチフロントに関しては、すでに物件そのものが見つからなくなりつつあるため、「購入する、しない」の判断をスピーディーに行い、ライバルよりも早い行動をとる必要が出てきそうです。

「遠くに海が見える」といった、普通のオーシャンビュー物件については、まだまだ物件が出てくると思いますので、そこまで心配はいらないと考えています。