セカンドハウスローンについて沖縄銀行さんで聞いてきました

カテゴリ スタッフブログ 記事更新日: by .

移住ローンパンフレット北部で200万円台の土地をいくつか扱っていますが、そういった小さな土地をご検討のお客様からたまにご質問いただく「セカンドハウスローン」。

わかっているようでわからない面もある、この仕組みについて、沖銀で打ち合わせしたついでに教わってきました。

ちなみに、セカンドハウスローンには2種類あると考えてよさそうです。県内に住んでいる方が使うのは、文字通りのセカンドハウスローン。そして県外のお客様が沖縄にセカンドハウスを持ちたい場合であれば、美ら島移住ローンが使えるようです。

美ら島移住ローン

もともとは県外から沖縄県に移住する方を対象とした商品です。たとえば定年退職後に、一部ローンを組んで住宅を取得して沖縄に移住したい方などがターゲット。しかし、本土在住の方がセカンドハウス取得目的で利用することもできるそうです。

住宅ローンとの違いは、購入する物件に住民票を移動しなくてもOKな点。それから、自己資金は物件価格の3割以上用意する必要があります。

金利等については、沖銀さんにお尋ねください。また、琉球銀行さんや沖縄海邦銀行さんでも類似の商品があるかも知れませんので、問い合わせてみてはいかがでしょう?

セカンドハウスローン

県内在住の方ならセカンドハウスローンが使えるようです。こちらも住民票を移動する必要はないそうですので、たとえば那覇市内に住んでいる方が、週末を過ごすためにやんばるにセカンドハウスを購入するような用途で使えます。

いずれも団信にも入れるそうですので、いざという時の生命保険代わりにもなりそうです。

前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る