消費者もビジネスマンも必読の「マンガ」

Posted by

ー不動産。私たちにとって切っても切り離せないトピックです。

今回紹介する漫画は、その情報格差の隙間にある少し難しい話を、初心者にでも分かるようにドラマチックなストーリーを用いて描いています。

ですが、不動産業界は闇だらけということはよく耳にする話。では、一体、不動産業界の「闇」とは何なのか。賃貸にしても、売買にしても不動産に関する知識が浅いというだけでその「闇」は誰にでも降りかかってくる可能性があると、この漫画を読みながら強く感じました。また、不動産屋と消費者の情報格差を少しでも埋めることで、自分自身を、家族を、友人を、守ることができるのではないのかと考えさせられました。

激安物件の裏側や店舗契約の裏側、消費者はあまり聞かない「囲い込み」や「両手」という業界ワード、建築条件付き土地売買、瑕疵(かし)担保責任、告知義務など、難しい法律用語までとても分かりやすく解説されています。読み進めていくと、少しずつ情報格差のギャップが埋まっていくのを実感できると思います。

今後、不動産業界でお仕事を考えている方はもちろん、購入を考えている方、売却を考えている方、不動産投資を考えている方はまずはこの漫画を読んでみることを強くお勧めします。もし売買を考えている方でなくても、消費者であれば知るべき情報がたくさん詰まった、展開が予想できないドラマチックなストーリーです。

ー漫画の紹介ー

タイトル:正直不動産(小学館)
大谷アキラ[原案]夏原 武 [脚本]水野 光博

~あらすじ~(第一巻より抜粋)
「営業に必要なこと以外、客に見せも教えもしない」
そんな不動産業界にあって、
登坂不動産のエース営業マン・永瀬財地は
嘘を厭わぬ口八丁で売り上げNO.1を叩き出す凄腕だった。
だが、とある地鎮祭で石碑を壊して以来、
嘘が上手くつけなくなってしまった…!!
海千山千の不動産業界で、永瀬は、
嘘が上手くつけない正直不動産営業で奮闘するが!?
不動産屋の裏側を全部ぶっちゃけちゃう
ニュー・ヒーロー、ついに誕生。